救清水 使い方

救清水の効果を発揮させるための使い方のポイント!

 

detoransuarufa

 

 

透明感のある肌になりたい!

 

つるつるな肌になりたい!

 

毛穴を目立たなくさせたい!

 

 

30代や40代にもなってくるとどうしても肌の状態が悪くなっているという方が多いです。

 

こういう肌トラブルを起こしていしまっているのはやはり素肌力の低下が原因です。

 

 

救清水はそんな肌本来の力が低下してしまっている方に最適の導入液なんですね。

 

 

じゃあ求清水はどのタイミングで使ったらいいのか?

 

またどういう使い方をすればいいのか?

 

 

救清水の使い方について紹介します。

 

 

救清水を使うタイミングはいつ?

 

detoransuarufa

 

 

救清水を使い方でよくある質問が、どのタイミングで使う導入液なのか?ということ。

 

 

救清水は洗顔をして化粧水をつける前に使うのがベストです。

 

detoransuarufa

 

 

洗顔後でも肌にはまだ化粧残りや毛穴の汚れが残っていることが多いです。

 

肌に化粧残りや毛穴の汚れが残っている状態だと化粧水がなかなか肌に浸透してくれません。

 

なので化粧水をしっかりと肌に浸透させるためにも救清水は洗顔後に使うのがオススメなんですね。

 

 

救清水の正しい使い方は?

 

detoransuarufa

洗顔をした後に救清水を購入した時に付属していたスプレー
ボトルで救清水を顔全体に6〜7プッシュほどスプレーします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

detoransuarufa

指の腹の部分で顔全体に軽く馴染ませます。
顔に馴染ませることで肌のザラつきやすすぎ残しが浮かび上がって
くるので、顔が乾く前に水ですすぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

detoransuarufa

化粧水をつける前にもう一度救清水を顔全体に5〜6プッシュ
ほどスプレーします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

detoransuarufa
手のひらを使って顔全体に優しく馴染ませパッティングをします。

 

 

 

この後は普段使っている化粧水や美容液を使ってスキンケアをしてください。

 

 

 

1度目の救清水をスプレーするのは汚れを浮かび上がらせるのが目的で、2度目の救清水は顔に浸透させるのが目的ですね。

 

 

このように救清水は1度のケアで2回使用するのがポイントですね。